歯痛からくる顎関節痛

下の歯を全て歯槽膿漏で抜くことになってしまった患者のHさん(47)。


歯痛はもちろんですが、それよりも顎関節から頚肩部の強張り感と痛みがひどく、いつもニコニコしてるのが、今日は沈痛な面持ち。

まずは寸6-5番で、完骨と下顎角を結ぶ線上の中間点に刺鍼(ほぼ寸6根元まで刺入)→顎に響いた。

それと風池などの局所に刺鍼。一応、両合谷にも。

以上でほぼ痛みは楽に。

顎に細菌感染など無ければいいのだけれど…


ほぼ局所のみの治療で終了。次回どうなってるか。
[PR]
by iwashima89 | 2009-05-23 07:50 | その他
<< 躁鬱病 ご挨拶 >>